概要

デジタルを活用して顧客本位のサービスを実現した会社が、金融サービスの次の主役になる可能性が見えています。金融機関はビジネスを見直し、顧客価値を再定義した新たなサービスを提供するための変革と投資を進める必要があります。本講演はデジタルビジネスを加速する組織運営と人材活用について、取り組むべきアプローチを論じます。本来、人材活用は組織変革の一部であり、育成・配置とオペレーティングモデル設計の両輪で進める必要があります。また、組織の動かし方や人の働き方も合わせて変革する必要もあり、要諦について解説いたします。
このセッションで聞けること

・デジタルビジネスを加速するアプローチ
・オペレーティングモデル・シフト:組織のトランジションをどう進めるか
・リソース・シフト:デジタル人材の育成・活用をどう行うか
・ワーク・シフト:デジタルを活用した新しい働き方はどうあるべきか

講演日時

:  2020年1月23日(木) 
時間: 17:00-18:00
所要時間: 1 時間 (オンラインセミナー形式)
費用:無料(事前登録制)

講演者

Speaker 1

金融サービス本部 マネジング・ディレクター
テクノロジーコンサルティング グループ統括 新井 英明



金融機関向けのテクノロジー・コンサルティングを統括。25年以上に渡りテクノロジーを活用した各種コンサルティングを担当。最近は、CloudAIなどの新技術を活用したビジネスやサービスの変革を提言するプロジェクトや、新技術をより積極的に取り込むためのIT部門の変革支援プロジェクト、新技術適用に際し強化すべきセキュリティについてのコンサルティングなどに従事。

【執筆・セミナー等】

  • TECHPLAY主催 Accenture流最新Fintech事例】「巨大なレガシーシステムを時代の潮流に乗せる方法」講演 20183
  • TECHPLAY主催 「デジタル時代における金融IT部門の在り方」講演 20188
  • 弊社金融サービスブログ 変化を遂げるサイバーセキュリティ環境 20192
  • 弊社金融サービスブログ 国内金融機関の取り組みと直面する課題20192
  • McAfee主催金融ラウンドテーブル 「デジタルテクノロジーの最大活用を可能にする金融機関の次世代ITとは」

Speaker 2.jpg

金融サービス本部 マネジング・ディレクター
材・組織コンサルティング統括   俊介



人材・組織のスペシャリストとして、金融機関を中心に人材戦略、組織設計、人事制度設計、人事業務改革・IT導入等の深い知見を活かした多数のコンサルティング経験を有する。カルチャー変革、研修講師としても実績多数。

【執筆・セミナー等】

  • Financial ITFIT)セミナー2017「働き方改革の先にある金融機関の仕事の仕方(付加価値を創造するFuture Workforceへの進化」 講演 201710
  • 弊社金融サービスブログ 「人とAIの『協働』が世界・日本にもたらすポテンシャル」 20186
  • 弊社金融サービスブログ 「人とAIの『協働』実現に向けたスキル習得と意識変革」 20188
  • 弊社金融サービスブログ 「人とAIの『協働』と戦略ビジョンの重要性」 201811

過去のウェビナー、また開催予定のウェビナー詳細はこちら

※同業他社、個人の方などのお申し込みはお断りさせていただく場合がございます。予めご了承ください。 
※お申し込み多数の場合は抽選とさせていただきます。

${location}
赤坂インターシティAIR(総合受付)
〒107-8672
東京都港区赤坂1-8-1
赤坂インターシティAIR(受付: 8F)

会場への行き方
 金融ウェビナーご案内.jpg

お申し込みフォーム

【個人情報の保護について】

個人情報の利用目的
アクセンチュアは、皆さまからご提供いただいた個人情報を、以下の目的および用途のために利用・管理し、この範囲を超える取り扱いはいたしません。

  • 製品およびサービスに関する情報提供やアンケート調査(電話、e-mail、郵送など)
  • セミナーのご案内(電話、e-mail、郵送など)

個人情報の取り扱い
アクセンチュアの個人情報の保護に関する基本方針および個人情報の取り扱いについては、以下のリンク先をご確認ください。

PegaWorld schedule

PegaWorld 2019 officially kicks off at 7:00 PM on Sunday, June 2 with a ‘Welcome Reception’ and ends on Wednesday, June 5 with ‘Developer Day’.

Subscription Center
タイトル タイトル